プラセンタ 副作用

【プラセンタ副作用】眠気や倦怠感(体がだるい)が出るって本当?(徹底検証)

更新日:

プラセンタ副作用-眠気・だるい

プラセンタで眠気や体のだるさが出るのでしょうか?

健康や美容のために飲んだプラセンタで、そんな症状が出るのは信じられませんよね。

しかし、それは好転反応によるものなので心配はいらず、すぐに治ります。

どういうことでしょうか?

好転反応(こうてんはんのう)とは、ダメージを受けていた細胞が正常な細胞に修復されるときに起こる反応現象です。

つまり、プラセンタを摂取したことでカラダが健康な状態に戻るときに、その反動として一時的に「眠気」や「体のだるさ」が出るわけです。

好転反応の期間は、2~3日で治まります。

好転反応が終わると、異常な細胞はデトックスされているので、カラダが軽くなり、お肌もキレイになりますよ。

効果が高いおすすめサプリはこちら 

 

眠気や倦怠感(体がだるい)の正体とは?

プラセンタを摂取して、こうした症状が起こる原因は2つあります。

1.自律神経が整えられて、緊張やストレスがほぐれるから

2.組織や細胞が活性化されるスピードに差があるから

1.自律神経が整えられて、緊張やストレスがほぐれるから

プラセンタには自律神経を整える作用があります。

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、身体の機能をコントロールしている神経のことです。

自律神経を正常に整えることで、緊張やストレスがほぐれ、その反動で一時的に眠気やだるさが引き起こされてしまうのです。

もちろん個人差があります。

自律神経やホルモンバランスが調整されるため、もし不調だった部分があれば一時的にですが、強く好転反応が出てくる可能性があります。

ただし、この症状は一時的なもので2~3日もたてば体全体が活性化されて、体調も美容も万全な状態になります。

2.組織や細胞が活性化される速度に差があるから

プラセンタには細胞活性化作用があります。

これによって各組織・器官・細胞が活性化されますが、その過程で一時的に細胞や組織がアンバランスな状態になることがあります。

どういうことでしょうか?

活性化されるスピードは、細胞や組織によって異なります。

たとえば、細胞分裂が早い組織や臓器は敏感に反応します。

具体的には、皮膚や髪の毛、血液のめぐり、大腸、小腸などです。

逆に、これら以外の組織や臓器は活性化するまで少し時間がかかります。

その細胞や臓器が活性化するスピードの差が、「だるさ」としてあらわれることがあるのです。

このだるさは、日を重ねるごとに不均衡が調整されるため、2~3日ほどで治まります。

すると、体調が劇的に良くなるので、深刻に考えるほどのものではありません。

しばらくたつと、眠気やだるさは取れる

プラセンタで眠気やだるさが出る割合は、そこまで多くありません。

もしそういった症状が出てしまった場合は、一時的な症状なのでゆっくりと安静にしていることが一番です。

どれだけ長引いても2~3日で治まります。

そうすれば、自律神経が整って、体の細胞や臓器も活性化されるため、カラダがとても軽くなって元気になり、お肌も見違えるほどキレイに生まれ変わりますよ!!

実際は、体のだるさを取るためにプラセンタを摂取する人が多い

どちらかというと、プラセンタは体のだるさを取るために利用されることが多いです。

その理由は、こちらです。

〇 肝臓・解毒作用で肝臓の働きがアップする

〇 細胞の新陳代謝を促され、不調の細胞が活性化されて正常な細胞になる

〇 造血効果で血行が良くなり、老廃物が溜まらない体質になる

こうした作用から、疲労回復や体質改善に役立ち、「重い・つらい・きつい」という症状に悩んでいる人にはうってつけなのです。

効果が高いおすすめサプリはこちら 

-プラセンタ 副作用

Copyright© 【プラセンタの効果と口コミ】理想のあなたへ~商品別ランキング , 2018 All Rights Reserved.