プラセンタ 副作用

【プラセンタ】頭痛を治す効果がある?それとも副作用で片頭痛が出る?(徹底検証)

更新日:

プラセンタを摂取したところ、

「頭痛が出た!」という人と、
「頭痛が治った!」という人がいます。

本当はどちらが正しいのでしょうか?

しかし、調べてみるとプラセンタには頭痛を治療する効果があり、むしろ頭痛が治ってしまいます。

 どんな頭痛が治るの?

○ 更年期が原因の頭痛

○ 生理痛が原因の頭痛

○ その他、一般的な頭痛

ではどうして「プラセンタを飲んで頭痛が出た」という人がいるのですか?
体内の環境が急激に改善されるためです。

プラセンタはカラダを健康な状態に戻す作用があります。

プラセンタを摂取すると、すぐに体内の環境が改善されるため、その変化について行けずに一時的に頭痛が出る人がいるのです。

ただし、頭痛が出るのはかなりまれなケースで、もし頭痛が出ても2~3日以内には治まります。

むしろプラセンタは体内の環境を改善するので、頭痛を治す効果があります。

なるほど、そうだったんですね!
その他にも、シミやシワ・くすみを除去する美容効果、若返り効果、健康への効果もあります。

 「女性の4人に1人は悩んでいる」と言われる頭痛、あなたもプラセンタで解消してみませんか?

頭痛の心配なし!おすすめのプラセンタサプリはこちら

 

ここからは「プラセンタで頭痛が出るメカニズム」や「頭痛を治す効果」について、もう少し詳しく見ていきます。

プラセンタの好転反応で頭痛・片頭痛が出るメカニズムを徹底検証

なぜ起こるの?

プラセンタを摂取した初期症状として、まれに「体のだるさ」や「頭痛」がでる場合があります。

これは、プラセンタの副作用ではなく「好転反応(こうてんはんのう)」と呼ばれています。

好転反応とは、プラセンタによってカラダが急激に改善されると起こる一時的な反応です。

プラセンタによって体内の環境が改善されているのに、どうして頭痛が起こるのですか?
血液やリンパの流れが急に活発になることで、脳がびっくりしてしまうのです。

プラセンタは、細胞の活性化を促したり、血液の流れを改善します。

すると、血液やリンパの流れが急に良くなり、脳や臓器がついて行けずにビックリしてしまうわけです。

それが頭痛や片頭痛の症状となって現れるわけです。

片頭痛(へんずつう)とは

片頭痛とは、頭痛の一種で「偏頭痛」とも表記します。

頭の片側だけに発作的に発生し、脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴です。

なるほど!急な変化にカラダがびっくりしちゃうわけですね!
そうなんです!もし頭痛が出ても数日で治まりますよ。

割合で言うと、プラセンタを飲むと頭痛が出る人はかなり少ないです。

2~3日もしないうちにプラセンタの変化にカラダが慣れるので、もし頭痛が出てもすぐに治まります。

もしプラセンタを摂取して頭痛が出たら?

偏った食事、ストレス、生活習慣などで、体内の環境がボロボロの人ほど、急なカラダの変化にビックリしてしまいます。

もし、頭痛が出たらプラセンタの摂取量を少なくすると頭痛は治まります。

たとえば、1日4粒目安のサプリであれば1日1粒か2粒に減らしてみてください。

頭痛の心配なし!おすすめのプラセンタサプリはこちら

 

プラセンタの頭痛・片頭痛を治す効果とは?

プラセンタの嬉しい効果、メカニズム

頭痛や偏頭痛は、現代人に多く見られる症状で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

特に女性は「4人に1人が頭痛に悩んでいる」と言われています。

頭痛とは?

頭痛とは、頭の中の血管が広がって炎症を起こし、周りにある神経を刺激することで頭部にズキズキとした痛みが出ます。

なぜプラセンタで頭痛が治るの?

プラセンタが頭痛を治すことができる理由は、以下の2つがあります。

1.頭痛の原因を抑える作用(ストレスやホルモンバランスの調整)

2.炎症を抑える作用(抗炎症作用)

1.頭痛の原因を抑える作用(ストレスやホルモンバランスの調整)

頭痛は、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因とされています。

プラセンタには、頭痛の原因となるストレスやホルモンバランスの乱れを解消することができるのです。

ストレス

プラセンタはどのようにストレスを解消することができるのでしょうか?

プラセンタには自律神経を整える作用があります。

自律神経は自分自身でコントロールすることができない神経です。

自律神経が整えられると、緊張した交感神経がリラックスして、ストレスによる緊張がほぐされます。

ホルモンバランスの乱れ

女性は男性の4倍以上も頭痛持ちがいると言われています。

その理由は、女性ホルモンが頭痛を起こす引き金になるからです。

そのため、ホルモンバランスが乱れる「生理前」になると、頭痛がして困っているという人は多いのではないでしょうか。

プラセンタにはホルモンバランスを安定化させる作用があるため、頭痛の原因となる女性ホルモンの増減を抑えることが出来るのです。

2.炎症を抑える作用(抗炎症作用)

頭痛とは、頭の中の血管が炎症を起こした状態です。

炎症を起こして広がった血管が、周りにある神経はどんどん刺激して、ズキズキとした痛みが生まれます。

しかし、プラセンタには頭痛の原因となる血管の炎症を抑える作用があるので、頭痛の症状を抑えることができるのです。

頭痛の心配なし!おすすめのプラセンタサプリはこちら

 

更年期や生理が原因の頭痛も、プラセンタなら治せる

更年期や生理の時には、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することで頭痛が出ます。

こうした頭痛には、低用量ピルなどのホルモン補充療法などで改善することができます。

とはいえ、生理は1度や2度ではなく周期的にやってきます。更年期についても期間は10年と長期間です。

ホルモン療法を長期的に続けるのは副作用のリスクが高まるので危険です。

しかし、プラセンタにはホルモンバランスを安定化させる作用があるうえ、副作用のリスクがありません。

プラセンタであれば、ホルモン療法よりも安全に、生理や更年期による頭痛を治すことができるのです。

プラセンタ選びが重要

プラセンタ商品は数多く販売されています。

この中には粗悪な商品もたくさんあります。

粗悪な商品とはなんですか?
価格を下げるために、プラセンタの量を減らして、添加物や不純物を大量に入れている商品です。

粗悪な商品を摂取すると、添加物や不純物によって頭痛やめまいなどが引き起こされてしまいます。

しかし、人気の高いプラセンタサプリは安全性が高く、頭痛や眩暈などの副作用が起きてしまう心配がありません。

頭痛の心配なし!おすすめのプラセンタサプリはこちら

 

プラセンタの口コミ・体験談|頭痛・偏頭痛が治った

プラセンタの体験談・口コミ・評価・人気の理由

頭痛が解消された

もともとカラダが丈夫ではなく、偏頭痛・めまい・貧血などに悩んでいました。

休日は、1日中寝てばかりでした。

見かねた母親がプラセンタサプリを飲ませてくれました。

すると、飲んだ翌日から体の調子が良くなり、力がみなぎってくる感じがしました。

その後も飲み続けていますが、体調は引き続き良く、頭痛やめまいはありません。

今では、頭痛や不安も解消されて、毎日楽しい気分で過ごせています。

(28歳、女性)

頭痛薬は危険なのでプラセンタに変えました

以前は、頭痛がくせになっていて、頭痛薬が手放せない状態でした。

しかし、薬である以上は副作用のリスクがあり、「薬物乱用頭痛」といって、頭痛薬を飲みすぎることで頭痛に対して敏感になり、逆に毎日頭痛が起こることもあります。

「薬に頼らないようになりたい!」と思って、見つけたのがプラセンタでした。

プラセンタは体質を改善して、頭痛の原因を解消することで、頭痛を治すことができます。

半年ほど飲んでいますが、頭痛薬を飲む回数はかなり減って、「この前飲んだのはいつだったっけ?」というほど、薬から解放されました。

(46歳、女性)

プラセンタ注射で頭痛が…サプリがおすすめです

美容のためにプラセンタ注射を打っていましたが、頭痛が止まらなくなって、プラセンタサプリに変えました。

プラセンタ注射は頭痛が起きる人が多いようです。

サプリは安全で、効果も注射を打っていた時と変わりません。

プラセンタならサプリがおすすめです!

(34歳、女性)

頭痛の心配なし!おすすめのプラセンタサプリはこちら

-プラセンタ 副作用

テキストのコピーはできません。

Copyright© 【プラセンタの効果と口コミ】理想のあなたへ~商品別ランキング , 2018 All Rights Reserved.