プラセンタ 効果・効能

更年期障害の悩みはプラセンタが解決!

更新日:

たしかに年齢には女性であれば誰もがなる更年期は我慢し続けるしかないと思いますよね。

しかし、プラセンタならそんな更年期の悩みを解消する効果があるのです。

プラセンタは、その確かな効果から医薬品に認定されていますが、サプリメントで手軽に摂取することもできます。

プラセンタサプリならこれ!おすすめランキングはこちら

 

更年期障害とは

更年期とは、閉経(へいけい)の前後10年くらいの期間を言います。

日本人女性の閉経は平均50歳なので、だいたい45歳から55歳までの期間です。

更年期障害が起こる原因

更年期にさしかかると、女性の体に徐々に変化が起こります。

まず妊娠や出産などの仕事を終えたあとは、卵巣の機能が低下し始めます。

そして、妊娠に備えて卵巣から分泌されていたエストロゲンなどの女性ホルモンが減少し始めるのです。

すると、女性ホルモンの減少にあわてた脳(視床下部や下垂体)が「もっと働いて女性ホルモンを出して」と卵巣に命令を送ります。

この命令がくせ者で、卵巣だけでなく、自律神経がバランスをくずして、身体に困った症状を引き起こします。

これが、更年期障害が起こる原因とメカニズムです。

更年期障害の症状

ホットフラッシュ(ほてり)

骨粗しょう症

感情的変化(気分の上下、うつ病など)

性欲の衰え

筋肉質の減少

膣や尿管の変化

体重の増加

循環器疾患

更年期障害の代表的な症状といえば、

  • ほてり
  • のぼせ
  • 大量の汗

などです。

また他の症状として、頭痛、肩こり、不眠、動悸、息切れ、便秘、下痢など。

これらの症状は、何の前ぶれもなく突然起きたり、鎮まったりするので、本人はとても動揺します。

1回や2回なら忘れてしまうでしょうが、何度も起こるので、

「何が起きたんだろう?」

「どこが悪いんだろう」

と不安になるのです。

すでに閉経していれば、「ああ、更年期障害なんだ」とわかりますが、症状は閉経の5年くらい前から起きるので、気づかないことも多いようです。

本人は「胃腸が悪いのだろうか?」「心臓が悪のだろうか?」と疑って、いろいろな病院を転々する人もいます。

でも結果は「異常なし」。

これでますます本人は動揺するのです。

更年期障害かもしれない時はどうしたらいいの?

原因がわからない症状が続くようなら、まずは婦人科を受診することがおすすめです。

婦人科では、血液検査でホルモンの分泌状態がわかるので、「更年期障害であるかどうか」を診断してくれます。

更年期障害の悩みはプラセンタが解決

プラセンタは、女性の体で起きているホルモンバランスのくずれや自律神経の乱れを正常に戻して、更年期障害が原因で起こるあらゆる症状を根本から改善してくれます。

しかも、副作用がまったくと言っていいほどないので、とても安心して使うことができます。

女性の更年期の特徴や症状

ホットフラッシュ(ほてり)

骨粗しょう症

感情的変化(気分の上下、うつ病など)

性欲の衰え

筋肉質の減少

膣や尿管の変化

体重の増加

循環器疾患

↓↓

更年期障害に対するプラセンタの効果

ホットフラッシュ(ほてり)の解消

骨粗しょう症の改善

気分の向上、心理的幸福感/情緒不安定の減少

性欲の改善

筋肉質(脂質のない)の増加

プラセンタサプリならこれ!おすすめランキングはこちら

 

更年期の「イライラ、情緒不安定」は治りやすい

更年期障害の症状の一つが「情緒不安定」です。

なんとなくイライラしたり、気分が落ち込んで悲観的になったり、できないことでカッとなったり…。

以前なら乗り切れたちょっとしたストレスが重く感じられて、軽いうつ状態になってしまう女性が多くなります。

我慢してしまう人が多い

この世代の女性は、ちょうど親の介護や子供の進学、自立、結婚、夫の定年など、さまざまな人生の転機を迎えるので、そうした外的な要因にとらわれてしまいます。

そして「こんなことでくよくよしていてはいけない」とばかりに一人で思い悩み、我慢してしまう女性が多いのです。

しかし、原因は「女性ホルモンの減少」という生理現象です。

エストロゲンは気分を高揚させたり、前向きな気持ちにする働きがあります。

更年期でエストロゲンが減少すると、ささいなことで落ち込むのはホルモンのいたずらであって、一人で我慢する必要はまったくありません。

プラセンタでイライラや情緒不安定は解消できる

プラセンタを摂るとホルモンバランスが正常になり、エストロゲンが増加します。

昨日までのイライラやうつ状態が、驚くほどスーっとなくなり、「私は何を思い悩んでいたんだろう」とあっさり悩みを解消していまう女性がたくさんいるのです。

精神状態にともなう情緒不安定は、その人の人生を左右します。

明るい気分で前向きに生きるのと、クヨクヨしながら暗い気分で生きるでは、人生はまったく違います。

プラセンタは医薬品としても使われていますが、サプリメントでも摂取できるため、治療や薬よりもずっと安全で、安くおさめることができます。

また、とても美容効果が高いので、更年期障害を改善するためにプラセンタを摂っているのに、肌がきれいになり、シワやシミが薄くなり、若々しくなるという効果もあります。

そうした副産物も女性にとって、きっと励みになるはずです。

 

プレ更年期障害とは

最近は30歳前後の女性が、まるで更年期のような症状を訴えるケースが増えています。

中には月経の周期が乱れて、女性ホルモンの分泌料も減ってしまい、更年期同様の女性も珍しくなくなりました。

生理不順、冷え性、のぼせ、肩こり、不眠……これらの原因は、本当は更年期ではありません。

仕事や生活、ストレスやダイエットなどが原因であることが多いのですが、あたかも更年期、あるいは更年期の前症状であるため「プレ更年期」などと呼ばれています。

プレ更年期は、本当の更年期ではありません。

生活を改善し、体調を整えれば自然と解消して健康な状態に戻ります。

プレ更年期の原因

最近は女性の社会進出が進み、男性同様にバリバリ仕事をして、心身を酷使している人が多いようです。

睡眠も休養も不十分で、何よりたいへんなストレスにさらされています。

また、きちんとした食事をしていないケースも問題です。

忙しいためでしょうが、食事を省いたり、ファーストフードやドリンク剤でごまかしている女性が多いようです。

確かに食べなければやせるので、外見的にはほっそりしていいのかもしれませんが、栄養状態は決してよくありません。

プラセンタはプレ更年期に絶大な効果を発揮

生理不順、冷え性、肩こり、不眠といった症状は、本来は生活全体を改善し、ストレスを解消してきちんと生活をしていれば治っていきます。

だからといって仕事を休むわけにも行かず…なかなか難しいですよね?

しかし、プラセンタなら健康な体を取り戻すことができます。

これまでもお話しましたが、プラセンタにはホルモンのバランスを整え、自律神経の働きを正常にして、体調不良を改善する力があります。

また即効性とも言えるほど効き目が早いので、忙しい女性にも最適です。

ほとんどの方がプラセンタを飲み始めた早い段階で体調が良くなり、ぐっすり塾数位できるようになったり、気分が明るくなったり、カラダが軽くなって疲れにくくなるという改善の状態が見られます。

そのまま飲み続けていると、たいていの体調不良は解消してしまいます。

そして、見た目にもわかる「美容効果」が大きな励みになるはずです。

ひとつ注意です。

この効果に味をしめて、無茶な生活を続けてはいけません。

プラセンタの効果を得ながら、ぜひ自分でもできるだけ健康な生活を取り戻してください。

プレ更年期と思われる女性たちの体調不良を改善するには、プラセンタほど有効な手段はないと言えます。

-プラセンタ 効果・効能

テキストのコピーはできません。

Copyright© 【プラセンタの効果と口コミ】理想のあなたへ~商品別ランキング , 2018 All Rights Reserved.