【更年期障害を解消!】つらい症状を原因から消し去るプラセンタの驚きの効果とは?

更年期とは

更年期とは、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少して閉経を迎える前後の期間を言います。

女性の更年期は、40代半ば頃と言われています。

更年期はいつから、いつまで?

45歳から55歳前後の10年間を言います。

女性の一生は、女性ホルモンの分泌の変化によって、以下の5つに分けられます。

小児期 8歳前後から女性ホルモンの分泌が盛んになる
思春期 20歳までに月経が始まり、生殖器や乳房が発達して女性らしい体が作られる
性成熟期 20~45歳前後のおよそ25年間は女性ホルモンの分泌がピークになり、妊娠・出産・授乳に適応
更年期 45~55歳前後のおよそ10年間は閉経をはさんで、老年期への移行期
老年期 卵巣からの女性ホルモンの分泌が止まる

更年期障害とは

更年期障害とは、更年期に入って卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少することで起こる、精神的・身体的な不調のことです。

更年期障害の症状

更年期障害の症状で多いのが、のぼせ、ほてり、多汗といった症状です。

のぼせは、英語で”ホットフラッシュ”と言われます。

これは突発性で、急にカッーと熱くなって、まもなくサッーと引いていきます。

他にも更年期障害には、次のような症状がよくみられます。

 精神症状

頭痛、頭重

イライラ

うつ気分

入眠障害

浅眠

早朝覚醒

疲労感

倦怠感

不安感

緊張感

 身体症状

めまい

ふらつき

のぼせ

発汗

熱感

ドキドキ

息切れ

冷え性

食欲不振

吐き気

腹部膨満感

下痢

便秘

首のこり

肩のこり

関節痛

腰痛

頻尿

眼精疲労

更年期障害では、こうした症状がいくつも重なって起こることが珍しくありません。

それが、更年期障害をつらいものにする大きな要因にもなっています。

更年期障害が起こるしくみ

なぜ起こるの?

更年期障害って、どうして起こるんですか?

更年期障害が起こるしくみをご説明します。

更年期障害が起こるしくみ

  1. 加齢により卵巣機能が低下
  2. 女性ホルモンが減少
  3. 脳(視床下部)が女性ホルモンの減少を知り、女性ホルモンをもっと出すように指令
  4. その時、近くにある自律神経を強く刺激してしまう
  5. 自律神経系が乱れる
  6. 自律神経失調症
  7. 急に体が暑くなったり、精神が安定しなくなる
  8. 更年期障害の発症
女性ホルモンの減少により、自律神経のバランスが崩れることで、女性の体にさまざまな不調が起こります。

自律神経が乱れるってどういうことですか?

私たちの体は、暑さや寒さなどの刺激を受けて自律神経が働きます。

自律神経のうち、交感神経が血管を収縮して血量を減らして体温を低下させます。

一方、副交感神経が血管を拡張させ、お互いにバランスをとりながら血流や体温を一定にコントロールしているのです。

ところが、自律神経が乱れると、コントロール機能が低下し、血管の収縮・拡張が極端になってしまい、急に暑くなって、のぼせやほてりが起こってくるのです。

急に暑くなって、汗がたくさん出る症状を多汗と呼びます。

多汗も、女性ホルモンの減少による自律神経の乱れによって起こります。

なるほど。

もう少し詳しく説明しますので、興味のある方はご覧下さい。

女性ホルモンの減少で、自律神経が乱れるしくみ

更年期障害は、月経(生理)と女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が関係して起こります。

女性ホルモン

女性ホルモンは、エストロゲンが主要な働きをして、プロゲステロンはエストロゲンの働きを抑制するホルモンです。

月経

月経(生理)とは、子宮の内面を内張りしている子宮内膜が一定の周期で、剥離・脱落し、血液とともに排出される現象です。

脳にある視床下部と下垂体、そして卵巣がお互いに刺激し合って起こります。

月経の周期は、通常28日とされています。

基礎体温をはかると、エストロゲンだけが出ている低温期が約2週間、その後、プロゲステロンの分泌のある高温期が約2週間というリズムで変わるのがわかります。

月経と女性ホルモンの関係の乱れ

更年期に入ると、卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌量が減ってきます。

女性ホルモンの減少に反応して、視床下部や下垂体は、性腺刺激ホルモン放出ホルモンや卵胞刺激ホルモンを大量に分泌し、卵巣に「もっと働け、もっと働け」と盛んに指令を出して、女性ホルモンの分泌を促します。

ところが、これが自律神経系にとんでもない影響を及ぼします。

脳の視床下部には、女性ホルモンをコントロールする中枢だけでなく、自律神経系の中枢も存在するのです。

視床下部が、性腺刺激ホルモン放出ホルモンや卵胞刺激ホルモンを分泌するように過激に働くと、自律神経への刺激もそれだけ強くなります。

すると、自律神経のバランスが崩れて、やがては自律神経失調症を招くことにもつながります。

自律神経は、人間の臓器や器官の機能を調整する神経です。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、血管・気管の収縮と拡張、血圧の上昇と下降、胃腸・消化管の活動の抑制と促進など、お互いに相反する働きをして、バランスをとりながら調整機能を働かせています。

そのため、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、のぼせ、ほてり、発汗、動悸、息切れ、便秘、下痢、冷え性など、さまざまな更年期障害の症状が出てくるのです。

女性ホルモンのエストロゲンは視床下部に働いて、気分を明るくする作用があることも認められており、エストロゲンが減少すると、気分を滅入らせるといった精神面での悪影響もあります。

プラセンタの更年期障害を改善する効果

プラセンタの嬉しい効果、メカニズム

更年期についてわかってきましたが、更年期障害を解消する方法はあるんですか?

更年期障害を解消する成分として「プラセンタ」があります。

プラセンタは更年期障害を解消するだけでなく、幅広い効果があります。

  • 内分泌調整作用(ホルモンを調整する)
  • 自律神経調整作用(自律神経を調整する)
  • 免疫賦活作用(病気に対する抵抗力をつける)
  • 基礎代謝向上作用(基礎代謝を盛んにして、細胞や器官、臓器の働きを活性化させる)
  • 活性酸素除去作用(老化のもととなる活性酸素を除去し、酸化を防ぐ)
  • 抗炎症作用(炎症を抑える)
  • 創傷回復促進作用(壊れた組織の修復を促進する)
  • 精神安定作用(精神を安定させる)
  • 妊婦の乳汁分泌促進作用(妊婦の乳汁分泌を促す)
  • 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える)
  • 体質改善作用(体質の改善を促す)
  • 血行促進作用(血液循環をよくする)
  • 造血作用(血液の生成をうながす)
  • 抗突然変異作用(突然変異を抑える)
  • 血圧調整作用(血圧を調整する)
  • 疲労回復作用(疲労の回復をうながす)
  • 食欲増進作用(食欲をうながす)
  • 強肝・解毒作用(肝臓の働きを強化する)

プラセンタの効果ない?

「プラセンタは効果がない」って聞いたことがあるんですが・・・?

いいえ、プラセンタは病院でも医薬品として使われている確かな効果がある成分です。

「プラセンタは効果がない」という人がいます。

しかし、プラセンタは国から確かな効果を認められた成分です。

厚生労働省から「医薬品」として認定されており、現在さまざまな病院で治療に使われています。

更年期障害に効果のあるプラセンタですが、確かな効果がある成分です。

更年期障害の治療にプラセンタが使われている診療科

診療科 プラセンタがよく効く病気
婦人科 更年期障害、月経痛、月経不順、乳汁分泌不全、高プロラクテン血症、生理痛、生理不順、無月経、不妊症、冷え性、子宮筋腫、不感症、血の道
内科系 肝炎、肝硬変症、慢性胃炎、胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、気管支喘息、慢性気管支炎、高血圧、低血圧、便秘、頭痛、貧血、口内炎、食欲不振、肝炎、肝硬変、パーキンソン病、るいそう、糖尿病、ネフローゼ、高血圧、狭心症
外科系 慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩、手術後の衰弱、椎間板ヘルニアの痛み、腱鞘炎、筋肉痛、しびれ、ムチウチ症
精神科 自律神経失調症、不眠症
泌尿器科 前立腺肥大、膀胱炎、痔、夜尿症、性欲低下、尿道炎
整形外科 肩こり、むちうち、五十肩、腰痛、ひざ痛、筋肉痛、リウマチ、関節痛、神経痛
眼科 白内障、アレルギー性結膜炎、視力低下、眼精疲労、緑内障、角膜炎
耳鼻咽喉科 アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症、耳鳴り、めまい、難聴、メニエール病、臭覚低下
歯科 歯槽膿漏、歯周病、味覚低下、口内炎、舌炎
その他 慢性疲労、冷え性、虚弱体質、強壮、強精、かぜ、めまい、立ちくらみなど
プラセンタは、実際に「病院で治療に使われている成分」なので、臨床例も豊富で、確かな効果がありますよ!

更年期障害を解消!おすすめプラセンタサプリランキング

カテゴリ一覧

なぜ起こるの?

【更年期障害の肩こり・首こり】なぜ?起こるメカニズムから解消法まで徹底解説|おすすめサプリも紹介

更年期障害でなぜ肩こり・首こりが起こるの? 肩や首の「コリ」とは、筋肉のうっ血によって起こります。 「うっ血」とは、血液の流れが悪くなり、とどまり続けることです。 コリの原因は、「身体的なストレス」と ...

テキストのコピーはできません。

Copyright© 【プラセンタの効果と口コミ】理想のあなたへ~商品別ランキング , 2018 All Rights Reserved.